【十勝の休日】JR池田駅最強駅弁~ダート道経由留真温泉~十弗駅

6月に入り、気持ちのいい日が多くなってきました。
今日は「十勝の絶景鑑賞+JR池田駅最強駅弁堪能+ダート道で林道体験+温泉満喫+秘境駅探訪」と盛り沢山の1日です。

 

行程

10:15
●帯広市内出発

11:00~11:20
●まきばの家展望台(絶景鑑賞)

11:30~12:20
●レストランよねくら(駅弁受取り)
●JR池田駅(昼食)

道道974号(ダート道経由)

13:00~14:35
●留真温泉(温泉入浴)

道道1146号(ダート道経由)

15:15~15:45
●JR十弗駅(秘境駅見学)

16:35
●帯広市内到着

 

 

さぁ帯広市内をゆっくり10時過ぎに出発します。
45分程で十勝ワインの街・池田町に到着します。

まずせっかくの晴天ですもん、絶景を鑑賞しましょう。
麓から見た「十勝まきばの家」

展望台へは、「十勝まきばの家」の敷地内を通っていきます。
ここは散策の他に、コテージ・レストランがあり、1日中楽しむことができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.makibanoie.com/

途中、木陰には羊の群れがいました。

しかし突如、一斉に群れが走り出しました。
すごい迫力です。

敷地内の坂を上っていきます。

5分くらいで展望台駐車場に到着します。

展望台へは、徒歩で階段と坂を上って行きましょう。(5分くらいで到着します。)

展望台に到着しました。
広いスペースがあります。ベンチもありました。

では展望台から西側(日高山脈側)をご覧ください。
ここは夕日も素晴らしいとのことです。
時期・時間を変えて、何度でも訪れたいスポットです。

パノラマで撮ってみました。
絶景です、ずっと見ていたい気持ちです。

 

ではJR池田駅方面に向かいましょう。
十勝まきばの家の麓にある白樺並木、素敵です。

 

10分程で「JR池田駅」に到着しました。
いきなり大きなワインオープナーが迎えてくれます。

駅舎前には大きなワイングラスと噴水があります。
噴水の水がワイングラスを満たすような感じになっています。
ちょうどいいベンチがあるので、ここで後程駅弁を食べたいと思います。

 

さて駅弁は…駅前の「レストランよねくら」さんで取扱っております。
ステーキ弁当に他に、バナナ饅頭でも有名なお店ですね。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://restaurant-yonekura.com/

ほらっ、ステーキ弁当って記載されています。

 

◆十勝ワイン漬 ステーキ弁当(1,200円)◆
・事前予約が必要です。(僕は2時間半前に予約しました。)
・お店での受取りOK
・JRをご利用の方は、列車まで届けていただけるそうです。
予約の際に乗車の列車情報を伝える必要があります。

 

無事にお弁当を受取りました。あっつあつです、嬉しい。
では先程のベンチでいただきたいと思います。

じゃーん、好きなものばっかり。
素敵すぎます。

内容と感想です。
・珍しい池田牛を使用しており、ミディアムで食べやすいように7切れになっていました。何gかな?結構ボリュームがありました。
・ワインに漬けているからかな?お肉が割と柔らかく感じました。
・ステーキのタレは甘くなくておいしい。タレでご飯が食べられます。
・付け合わせのナポリタンがは懐かしい味、そしてたっぷりの量でした。
・サラダはマヨネースで食べます、これは普通かな。

 

いやいや、この内容で1,200円はコスパ最高じゃないかな。
最強の駅弁だと思います。
そして事前予約だから、希望の時間に合わせて準備していただけるので、できたて熱々のお弁当をいただけます。

おいしくいただきました、ご馳走さまでした。

 

では「留真温泉」に向かいましょう。
今回は山越えの「道道974号」経由で行きます。
ここから974号のスタートです。しばらくは舗装道路です。
※一部区間は11~4月の間、冬季通行止めになるのでご注意ください。

ここから砂利のダート道の始まりです。約3.5km続きます。

待避所が何ケ所もあるので、安心して走行できます。

浦幌町に入ります。ちょうど頂上あたりです。

下りに入りました。

ダート道の終点です。結局1台も行き合いませんでした。

 

池田駅から約40分で「留真温泉」に到着しました。
キレイな建物です。

隣に留真川が流れています。
この日は前日に大雨が降っていたので、濁って増水していました。

温泉スタンドがあって、持ち帰りOKとのことです。
源泉は29.5度なので、加温が必要です。

 

さぁ入館してみましょう。
靴は100円ロッカーに入れましょう。(利用後、返却されます。)
自販機で入浴券(500円)を購入します。
脱衣場は100円ロッカーがあります。(利用後、返却されます。)無料の脱衣籠もあります。

館内画像は公式ホームページより出典しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://ameblo.jp/rushinonsen/

 

★ポイント★
・温度が違う2つの浴槽があります。(39.9度の浴槽が気持ちがよかったです。)
・アルカリ性の温泉でお湯がヌルヌル、肌がしっとりしました。
・サウナは3人くらいまでかな、譲り合って利用したいです。
・露天風呂はやや熱め、そして3人くらいのスペースです。
・洗い場は15カ所くらいはありました。
・ボディシャンプーとシャンプー類は設置されていました。(僕は持参したものを利用しました。)
・休憩室は割と広めでWiFi完備です。
・食事は、そば・ラーメン・カレーなど軽めのメニューがありました。

たまたま空いている時間帯で、サウナ・温泉ともゆっくりと過ごせました。
いいお湯でした、ありがとうございました。

 

では「JR十弗駅」に向かいましょう。
道道1146号~597号経由で行きましょう。
道道1146号は一部区間が砂利のダート道です。
ここを左折するとスタートです。

橋を渡ると、砂利のダート道の始まりです。約2.6km続きます。

砂利道ですが比較的道幅が広く、走りやすかったです。
1台、行き合いのトラックがありました。

 

40分程で「JR十弗駅」に到着しました。
アンティークで素敵な駅舎ですね。

駅舎内です。
きちんと掃除がされていて、清潔感があります。
きっと毎日見守られていて、地域に愛されている駅なんでしょうね。

駅舎からホームに行ってみます。
反対側から見た駅舎です。

ここにも以前は線路が引いてあったんでしょうね。

「十弗は10$駅」
「10$持って旅に出よう。きっといいことが待っている」
と書いてありました。

1$=109円(2021.6月現在)で10$は1,090円
帯広発だと、新吉野(1,130円)・新得(970円)くらいかな。
残念ながら、あまり遠くまでは行けませんね。
でも夢のある言葉ですよね。10$札を財布に入れておくといいことあるかな?

帯広方面です。

釧路方面です。

ちょうど15:36発・釧路行き普通列車が来ました。
なんと1名下車、お見送りをしました。

個人的な意見ですが、こういう駅は午後や夕方が似合うんですよね。
またホームにはベンチがないのですが、周りを歩いたりしていると、あっという間に時間が過ぎました。
とても静かで落ち着く場所です。
僕もJRに貢献したいので、次回は列車で来ようと思います。
ビールと駅弁を持っての普通列車の旅、想像するだけでワクワクします。

 

今日も素敵な1日でした。
素晴らしい時間をありがとうございました。